新着情報

ブログ

長持ちするインプラント、入れ歯を作るために

当院では、入れ歯、インプラントの被せ物などを作成する際、こうして必ず咬合器に模型をつけることにしています。

この作業は、フェイスボートランスファーといって、精密な被せ物、入れ歯を作るに、不可欠なプロセスです。

その目的は上下の顎と歯の位置関係、もっと正確にいうと、上顎の骨、歯列と下顎の顎関節の位置を正確に位置付けることになります。少し専門的な話になってしまいますが、こうした作業は日本では一般的に行われることはあまりありません。

残念なことですが、保険診療にこの作業の診療報酬が含まれていないのです。

自費診療はもちろん、当院では全ての入れ歯作り、インプラント、オールセラミッククラウン作成にこの咬合器付着を行なっています。

そこは、補綴専門医のこだわりなのかもしれません。