審美歯科治療

熟練の歯科技工士によるオールセラミック製作

当院では、特殊な機械を使って、被せ物を短期間に作成することが可能。また、型どりの不快感もありません。また、マイクロスコープを使って、目視では確認できないところまで、丁寧に治療しています。

通常、詰め物や被せ物は、技工所に歯の模型を送り、歯科技工士が製作をします。そのため、詰め物や被せ物をすぐに患者さんにのお口の中に入れることはできず、その間、患者さんには仮の詰め物や仮の歯で過ごしていただいていました。しかし、仮の詰め物や被せ物は一時的なものであるため、きちんと作ってあるものでも不快に感じることが多いのです。

そこで当院では、ミリングマシンという最新の削り出し機械を使い、その日のうちに詰め物や被せ物を作れるようにしています。ミリングマシンは、コンピューター制御で材料を削りだしてくれる機械です。

お口の中を光で撮影したデータを、専用のコンピュータに取り込み、そのデータをもとに、詰め物や被せ物を作ることができます。型どりから製作まで、すべて院内で行うことができるため、非常に短期間で詰め物や被せ物をお口の中にいれることも可能。仮の歯をつける必要がなくなるため、不快感を感じずに済みます。

ただし、お口の中の状態によっては適応できないこともあります。患者さんのお口の状況を見ながら対応していきますので、まずはお気軽にご相談ください。

不快な型どりなしで、白い詰め物・被せ物を作製できます

詰め物や被せ物は通常、削った歯の形を模型にして製作します。そのため、お口の中の型どりが必要です。型どりには、型どりのためのトレーという道具にやわらかいシリコンや寒天などの、「印象材」という材料を使います。それを歯に押し当てて、お口の中に維持したまま固まるまで待ってもらわなければなりません。
印象材がお口いっぱいに入ると、嘔吐感や息苦しさを感じることもあります。また、印象材は時間の経過や温度、湿度によって変形することがあり、場合によっては、せっかく型取りをした模型の精度が下がってしまうこともあります。
そこで当院では、オーラルスキャナーという機械を導入。印象材による型どりをせず、詰め物・被せ物をお作りできます。

オーラルスキャナーとは

お口の中を光で撮影するだけで、型どりが可能な機器です。撮影した画像から、お口の形のデータを作成できるシステムになっています。

お口の中は構造がとても複雑ですが、オーラルスキャナーを使用することで、複雑な構造も細部まで捉えることが可能。お口の中を専用のカメラで撮影するだけなので、不快感も少なく治療時間の短縮にもなります。

「通院の負担が少ない治療」が可能

新型コロナウィルス感染防止の観点から、通院回数の少ない治療を提供するために、当院では、院内でセラミック、技工物を作製できる設備を整えています。

オーラルスキャナーなどの、光で型どりする機械を導入している歯科医院は増えつつありますが、当院はオーラルスキャナーとミリングマシンの両方を導入しています。充実した設備で、患者さんの負担を減らす工夫をしていますので、安心して通っていただければと考えております。

マイクロスコープを用いて作る
「ピッタリ合う」白い詰め物・被せもの

白い詰め物・被せ物は、見た目を天然の歯に近く、きれいにするだけでは意味がありません。詰め物や被せ物がピッタリと歯に合っていないと、治療した歯が再び虫歯になってしまったり、欠けたり折れたりすることがあります。そのため、きちんと適合する詰め物・被せ物を作ることが大切です。
当院では、歯を削る、型をとるなどあらゆる作業においてマイクロスコープを使用。マイクロスコープは手術用の顕微鏡で、目視では確認できない細かい部分まで見ることができます。そのため、詰め物や被せ物を入れるスペースをきれいに削りだすことが可能。歯にピッタリ合って、より長もちするようになります。

また当院では、現在の噛み合わせなどを事前に確認し、お口の中の状態に合わせて、最適な治療をご提案いたします。必要に応じて現在のお口の中の形を再現する模型も作製。しっかりと検査し、説明を行った上で治療に進むようにしています。詰め物や被せ物は、お口の中に入れたら終わりではありません。実際に使用していただきながら、噛み合わせを確認。事前の検査とアフターケアをしっかり行うことで、壊れる可能性も低くなります。

審美歯科治療 症例紹介