症例紹介

インプラント審美歯科戸田浦和

インプラント、審美歯科治療症例

患者様の年齢 60代女性
治療期間 2年間
費用の目安 ポーセレン焼付けクラウン1本12万円、インプラント1本約40万円。
治療のデメリット インプラント周囲の炎症、インプラント体、アバットメントの破折、ネジの緩み、上部構造の破折、脱離
備考 とにかく見た目を綺麗に、しかも出来るだけ自分の歯を残したいと言う強い希望をお持ちの患者様。まずは上の前歯を抜歯し、治癒を待っている間に下の奥歯のインプラントに取り掛かりました。治療終了時には非常に喜ばれ、出来るだけご自身の歯を残し、審美的に美しくしたいというご希望に応えることが出来ました。

※上記はあくまでも症例です。治療の効果を保証するものではございません。

治療開始時:主訴は前歯の見た目が気になる、うまく食べれないので全部きちんと治してほしい。ただなるべく自分の歯は残したい。

治療開始2ヶ月後。上の前歯を抜歯した時の口腔内写真。

上の前歯に仮歯をセットし、形、見た目の修正しています。抜歯した部位が治癒する間、下の奥歯にインプラントを埋入しました。

ポーセレン焼付けジルコニアブリッジ。

治療終了時。上にセラミックブリッジ、奥歯にはメタルボンドクラウンがセットされています。下の両側の奥歯にはインプラントが使われています。