症例紹介

インプラント戸田浦和

インプラントと最新のデジタル歯科治療

患者様の年齢 60代男性
治療期間 2年
費用の目安 インプラント1本:40万円から
治療のデメリット インプラント体周囲の炎症、インプラント体の破折、脱離
備考 当院で日常的に行われている最新のインプラント治療。埋入時にCT分析ソフトによる埋入位置の決定と、その分析に基づいて作成されたサージカルガイドを使用することで、より安心で安全なインプラント治療が可能となります。

※上記はあくまでも症例です。治療の効果を保証するものではございません。

最新のインプラント治療

当院では、インプラントの埋入時に、必ずCTによる事前診査を行なっています。CTとオーラルスキャナーを使用することにより、術前にインプラントを埋入する位置、深さ、角度を予め計画し、それに基づいたサージカルガイドを作成します。

こちらは「ノーベルクリニシャン」というノーベルバイオケア社製のインプラント埋入分析ソフトです。

「ノーベルクリニシャン」の便利なのは、術前にアバットメント(インプラント体と上部構造の結合部)の種類(高さ、角度)まであらかじめ計測し、決められる点にあります。骨の幅、密度、高さ、形態などから、インプラントオペの治療計画を決定します。

こうして完成したサージカルガイドがこちら。

術前にインプラントの埋入位置をシュミレーションすることで安心、安全なインプラント治療が可能となります。

インプラント分析ソフト「ノーベルクリニシャン」の動画はプログにありますので、こちらをご覧ください。