症例紹介

インプラント審美歯科戸田浦和

インプラントの修理

患者様の年齢 60代 男性
治療期間 6ヶ月
費用の目安 100万円(税抜き)
治療のデメリット セラミックのチッピング、スクリューの破折。
備考 咬合高径の設定と上部構造の材質の選択ミスが原因でした。安静位空隙内への設定、上部構造の設計(メタル、ポーセレンの厚み)を慎重に行うことで患者さんの主訴は改善されました。

※上記はあくまでも症例です。治療の効果を保証するものではございません。

 

治療開始前:主訴 噛み合わせがおかしい。被せている白い材質がポロポロ剥がれてきてしまう。

 

メタルフレームからレジンが剥がれている。

喋りにくさ、レジンの剥離は、噛み合わせの高さが原因と考えらえたので、奥歯の上部構造を新製することになった。メタルフレームの試適時。

金属フレームの上に、ハイブリッドレジンを築盛。

噛み合いの力が非常に強いので、咬合面はメタルで設計。

治療終了時