症例紹介

インプラント審美歯科戸田浦和

インプラント治療症例

患者様の年齢 60代男性
治療期間 6ヶ月
費用の目安 150万
治療のデメリット ネジの緩み、クラウンのチッピング、インプラント周囲の炎症
備考 被せ物の見た目が悪いので、見た目を良くしたいと言う主訴で来院されました。インプラントそのものはそのまま使用し、インプラントを連結するブリッジのみ再作製しています。見た目、発音、噛みやすさ、いずれも改善し、患者様も非常に喜んでおられました。

※上記はあくまでも症例です。治療の効果を保証するものではございません。

治療開始時:初診。見た目がよくないので、審美的にキレイな歯にしてほしいという希望で来院。

左上の2番部位のスクリューホールが頬側に見えていたのでここは塞ぐ設計にし、修正。

修正した上部構造の完成

治療終了時:上部構造をセットした時の写真

治療終了時:発音、かみ合わせ、審美的に問題なく使えている。