症例紹介

インプラント審美歯科戸田浦和

インプラント治療症例

患者様の年齢 50代男性
治療期間 9ヶ月
費用の目安 約150万円(上部のブリッジのみ)
治療のデメリット ポーセレンのチッピング、破折。インプラント周囲の炎症。
備考 他院にてインプラント埋入した患者様。綺麗なブリッジを作りたいという主訴で来院。奥歯は強度に配慮してフルジルコニアによるクラウン、前歯は審美性を考慮してジルコニアフレームの唇面にポーセレンを盛ることにした。仮歯の段階からよく咬めるということで非常に満足されていました。

※上記はあくまでも症例です。治療の効果を保証するものではございません。

治療開始時:下のインプラントの被せ物を作り直したいという主訴で来院されました。

治療開始時:色合わせを行い、上部構造の作成を開始しました。

奥歯はフルブリッジ、前歯は審美性を考慮してジルコニアフレームの唇面にポーセレンを盛ることにした。

インプラントの上部構造、フルジルコニア によるフルブリッジ。前歯部位にはポーセレンを築盛した。

上部構造をセットし、かみ合わせ、発音を確認しました。

治療終了時:セット後3ヶ月の口腔内写真。噛み合わせ、審美性、発音いずれも問題なく経過しています。