症例紹介

審美歯科虫歯治療戸田浦和

オールセラミックによる奥歯のブリッジ

患者様の年齢 30代女性
治療期間 6ヶ月
費用の目安 オールセラミック8万円〜
治療のデメリット オールセラミックの破折、チッピング、脱離など

※上記はあくまでも症例です。治療の効果を保証するものではございません。

乳歯が残っていた部位の補綴(被せ物)をしたいという主訴で来院された30代の女性。

この方は、インプラントには頬側の骨が不足していたのと、大掛かりな骨移植を希望されなかったので、ブリッジで対応することになりました。

前後の歯を削り、仮歯をセットし2ヶ月様子をみて、歯がしみないこと、痛まないことを確認し、型取りを行いました。

こちらがセットした後の写真です。強度と審美性を重視し、フルジルコニアのブリッジとなりました。

インプラントなら骨移植し、埋入オペ、補綴、で10ヶ月ほどかかりますが、ブリッジならそれほどかかりません。

3ヶ月もあれば治療が終わります。前後の歯を削ることになりますが、逆にいうとインプラントも一生持つわけではなく、

インプラント周囲炎などの合併症が起きる可能性があります。

そう考えると、適応を考慮し治療方法を選択することが大切と言えます。